空室対策を行うこと

空室対策について考える

賃貸マンションの空室対策

賃貸マンションでは、入居者がいないと賃料収入が発生しません。そこで、早く入居を決定してもらうために、空室対策としてお部屋の設備をグレードアップするなどして、借り手にアピールする方法がよく使われます。具体的には、トイレをシャワー付きに変更したり、インターホンを液晶付きのものに交換したりすることが多いです。立地条件は変更できませんが、設備は容易に取り換えができますので、手っ取り早い空室対策として効果があると考えられます。

↑PAGE TOP