不動産経営のリスク

不動産経営のリスクについて

マンション経営のローンはリスク

マンション経営をしている人の中には高額を稼いでいる人もいますが、稼いでいてもローンの返済があり多額の借金を抱えてしまっている事もあります。借金を抱えながら空室が続いてしまったり、金利が上昇したら破たんしてしまう可能性もあります。手元にまとまったお金がなくてもローンを組む事でマンション経営をする事ができるため手軽にはじめる事ができますが、リスクも伴います。借金をすると返済するまで毎月ローンの返済が必要になるため空室が埋まらずに家賃収入が入らなくてもローンの返済を支払う必要があります。家賃収入が入らなくても、エアコンなどの設備の故障があった時など予想外の出費があってもローンの返済は発生してしまいます。ローンさえなければ予想外の出費程度で済むため空室が続いてもさほど気にする必要がありません。

マンション経営のリスクとは

マンション経営は、生業としては理想的なかたちのひとつです。部屋を貸して管理するという行為だけで、定期的な収入が入ってきますので、老後の備えとしても最適といえます。しかし、そこにはリスクが潜んでいることも知っておかなければなりません。代表的なものとしては、やはり火事や地震などの災害です。突然起こるこれらにより、建物は甚大なダメージを受けますし、入居者も去っていってしまいます。そのため、火災保険や地震保険などに加入しておくことが必須といえるのです。リスクへの対策を怠らず、堅実な経営を行っていきましょう。

↑PAGE TOP