マンション経営の収入

マンション経営の収入について

マンション経営の収入と利益

マンション経営は、長引く低金利の中で憧れの不労所得です。世界随一の長寿を誇る日本では、老後の安定収入、私的年金としての役割も期待されます。労働が要らない点では文字通り”不労”所得なので老後も安心ですが、経営の視点は不可欠です。マンション賃貸では、物件を担保に長期低金利の借入をして、家賃を返済に充てることで、少ない手元資金で始めることができます。一方で、借入返済のうち、必要経費になるのは金利部分だけで、元金の返済は経費にはなりません。反対に、減価償却費は、毎年支出をしなくても経費にすることができます。そのため、入金から支出を差し引いた資金繰りと、収入から経費を差し引いた所得は異なります。お金が残らなくても所得が出れば税金がかかる反面、お金が残っても所得が出なければ節税にもつながります。

マンション経営はリスクが少ない

マンション経営は、リスクが意外に少なく安定した収入が得られるのが魅力です。居住用物件を求めている人は存在しているので、立地や設備が整っていれば、借り手は自然と集まってきます。また、仮に収益が得られないことになってしまっても、最悪の場合は売却をすることができます。株やFXといった投資は、投資したお金が戻ってこなくなることがありますが、マンション経営の場合は絶対にゼロにはなりません。そのため、損失も最小限に抑えられるというメリットがあります。そのため、投資方法として安定した収入が得られる魅力的な存在です。

↑PAGE TOP