不動産の経営を行う

不動産の経営を行おう

不動産経営のポイント

不動産経営が注目を集めています。資産効率がたいへんよく、最大限にレバレッジ効果を享受できることが魅力の一つです。また、それほど手間をかけることがなく、不労所得を得られやすい手段です。最初に仕組みさえ作ってしまえば、そのあとは放置していても収益を上げることができます。マンションの経営が特に人気です。比較的小規模で投資を進められるため、サラリーマンが副業で行なうケースも増えてきています。ただ、不動産投資を成功させるためにはいろんな要素が必要です。その一つに、不動産管理会社の質が重要です。信頼できる業者を起用するべきです。

マンション経営の仕組み

マンション経営というのは、まず住居としてのマンションを入居者に貸与してその対価としての家賃を受け取るというビジネスです。経営の仕組みは、まず、物件としての住居を準備し、入居者を探し、入居者と賃貸借契約を結び、物件を管理し、入居者から家賃などを受け取ります。入居者が退去したら、再び入居者を募集します。收入としては、毎月の家賃のほか、入居時の礼金などがあります。費用としては、物件準備の資金、入居者の募集を不動産業者に委託した場合の仲介手数料、物件の管理費用などがあります。住居を準備する資金の不足分は、金融機関から借り入れ、毎月の家賃収入などで返済していくことになります。

↑PAGE TOP